[ 発信所 ]

好きな作品を発信していきたいブログ

小説家になろう

天に轟くは闘いの宴 - 書評『終天の異世界と拳撃の騎士』

なろう備忘録第44弾。 あらすじ:長年打ち込んできた空手に挫折しかけ、無気力な日々を過ごす高校生の少年・有海流護。ある初夏の晩、あれこれ思い悩む流護は、疎遠気味になっていた幼なじみの少女を夏祭りに誘おうと思い立つ。そうして携帯電話のメールを送…

【2017年版】小説家になろうのオススメ作品20選

お久しぶりです。今回の記事は、 【おすすめ】小説家になろう50選!マイナー・有名作品まとめて紹介する - [ 発信所 ] の続編となります。今回も面白い作品を取り揃えました! 参考になれば幸いです。 完結済、またはキリの良いところまで連載してある作品の…

君想うこの心は、きっと花を巡る -『鬼人幻燈抄』

なろう備忘録第43弾。 『人よ、何故刀を振るう』 鬼に成れど人の心は捨て切れず。江戸、明治、大正、昭和、平成。途方もない時間を旅する、人と鬼の間で揺れる鬼人の物語。 『お前達は長くを生きる。いつか、失くしたものの重さに足を止める日も来るだろう。…

和風ファンタジーという世界観 -『鬼神純情伝!』

なろう備忘録第42弾。 あらすじ:平凡な生活を送っていた少年は、世を揺るがす大騒動に巻き込まれる。はてさてこの少年は、調伏されし鬼を従え、救国の英雄と相成るか。悪鬼羅刹より転生し、式神となったこの鬼は、護国の鬼神と相成るか。強力無比な恋敵を前…

周回の果てに -『リライト・ライト・ラスト・トライ』

なろう備忘録第41弾。 あらすじ:神獣の守護人は、異世界からやって来る。守護人の護衛官を務めることになった青年トウイ。そして選ばれた少女・椎名。彼女の願いは、故郷への帰還ではなく、世界の安寧でもなかった。──「望むものは、たったひとつ」 わたし…

幸せで溺死してしまう

今冬に『インスタント・メサイア』書籍化決定!!!半年ぶりに『幻想再帰のアリュージョニスト』更新!!!月初めにラピスの心臓の更新が再開されただけで幸せマックス状態だったのに、もうなんか嬉しいことが起きすぎて頭が爆発しそうです。あああ~~幸せ…

罪悪感とその救済 -『宿屋主人乃気苦労日記』

なろう備忘録第40弾。 あらすじ:個性あふれる従業員たちの、重なり合う事情や思惑。和洋の魔術が入り乱れ、剣戟と拳が鎬を削る戦い。そんなさまざまな問題に立ち向かう主人は、そのたびに頭と体を酷使し、なおも前に進んでいく……だが一番の問題は、客の少な…

ライトな純愛ホラー -『名前のない怪物』

なろう備忘録第39弾。 あらすじ: 深夜。部屋に響く物音で目を覚ました僕は恐ろしい〝脚〟に遭遇する。以来、姿を見せずに部屋で存在だけを主張するそいつは、まるで包囲網でも敷くかのように日常を侵食し、遂に僕の目の前に姿を現した。その正体は、あま…

宇宙人×ボーイミーツガール -『銀河の生きもの係』

なろう備忘録第38弾。 あらすじ: ある日突然、史緒の前に現れた転校生・高遠洸。顔良し、頭良し、スポーツ万能。でも、宇宙からの侵略者(自称)。ほとんど事件の起きない、けれどどこか不思議で不条理な日常の話。 「それがまさに、運命、というやつじゃ…

物語を破壊する個性 -『猫とワルツを』

なろう備忘録第37弾。 あらすじ:エミーリア騎士団で新しく発足することになった第12旅団。傭兵上がりの副長さんが、上官のボクっ娘にツンデられたりヤンデられたりしながらも必死で部隊を運営する面白くも、涙なしでは語れないお話。 強すぎる愛は、治…

殺戮に彩られた百合の花 -『氷の滅慕』

なろう備忘録第36弾。 あらすじ:少女は血にまみれ、凶刃を振るい、命を搾取する。愛する人のために強さを求めた彼女は、人の域を越えた力を身につけ、精神の惨状へと踏み込んでしまう。 自分でも制御できない程の愛で狂ってしまった少女。最愛の人を奪わ…

優しさと原風景 -『きみは小さな居候』

なろう備忘録第35弾。 あらすじ:久し振りに訪れた父方の田舎。そこで、座敷わらしを目撃してしまった主人公。ちょっと世話を焼いたら、見た目、小学校低学年女児な座敷わらしに妙に懐かれてしまい…。 大学生の男と座敷わらしの、ほのぼの日常モノ。読む前…

【小説家になろう】面白そうな作品メモ まとめ [56作品]

8/30:他記事で紹介済みの作品を削除。並びに新たな作品を追加。 こんばんは。なろうの積読が結構な量になってきたので公開しようと思います。殆ど未読なので簡易的な紹介になりますが、何らかの参考になれば幸いです。そしてコメント欄でオススメ作品を紹介…

守るべきもの -『刃金の翼』

なろう備忘録第34弾。 あらすじ: 五色の神と四大国によって繁栄するパルセルト大陸。数年ぶりの魔物の侵攻が噂される最中、冒険者を養成するルベリア学園で仲間を探す少年少女は風変わりな男に出会う。サムライを名乗る男は英雄たりえる力を持ちながら、…

そして少年は少女の騎士となる -『Rotted-S』

なろう備忘録第33弾。 あらすじ:人には見えないものが見える異能を持った少年アージェは、ある晩村で起きた事件を切っ掛けに、忌まわしい思い出が残る森へと踏み入ることになる。そこから始まる彼自身の変遷は、一人の美しい少女と、また大陸に残る神話と…

タイトル詐欺とはかくあるべし -『ちん☆みこ ~私はちんこに仕える巫女になりました~』

なろう備忘録第32弾。 あらすじ:ある日、大学生の『私』のちんこが『神』になっていた。そしてちんこを失った私の体は神の恩情によって、私が理想とする黒髪の乙女へと変えられていた。だがしかし、私は私のちんこで嬉し恥ずかしのエッチなことをしたい!!…

第一級のエンターテイメント -『明治蒸気幻想パンク・ノスタルヂア』

なろう備忘録第31弾。 あらすじ:【業務内容】護衛、あるいは殺人。【週休】不定期、あるいは無し。【月額報酬】平均十三円。 ――明治中期、国内最悪の治安を誇る島に住まう主人公・井澄は、異能の術師や傍流の剣士がはばを利かせる中で争いを仕事場に生き…

至高の愛はヤンデレにならざるを得ない - 書評『黒の魔王』

なろう備忘録第30弾。 あらすじ:黒乃真央は悪い目つきを気にする男子高校生。彼女はいないがそれなりに友人にも恵まれ平和な高校生活を謳歌していた。しかしある日突然、何の前触れも無く黒乃は所属する文芸部の部室で謎の頭痛に襲われ気絶。次に目覚めた…

キャラクター小説の傑作 -『田中のアトリエ』

なろう備忘録第29弾。 あらすじ:年齢イコール彼女いない歴のブサイクなアラフォーが異世界ファンタジーで俺TUEEEします。 約200万字のド長編・異世界ファンタジー。「キャラクター小説」としての完成度に舌を巻く。ストーリーはあくまでキャラクターを…

【小説家になろう】心温まる!おすすめ恋愛短編20選

たかが短編、されど短編。この記事では約1万文字に込められた、心がほっこりするような恋愛短編を紹介していこうと思います。多作な方が多いので、気に入った作者さんがいたら他作品を探してみるのもオススメ。素晴らしい作品がたくさんあります。引用枠はあ…

仲間の在り方 -『この異世界で一番美しいものを探す旅』

なろう備忘録第28弾。 あらすじ:異世界で一番美しいものを見つければ、この世界は諦める。崩壊寸前の地球にて、それを起こした恐怖の怪物は気まぐれから主人公アオにそう約束した。それをきっかけに、魔法や精霊が存在する異世界に召喚されてしまう。ひねく…

これぞ鬱展開の真髄 -『武士は食わねど高楊枝』

なろう備忘録第27弾。 『武士は食わねど高楊枝』 プロポーズを予定していた日、若者は化け物じみた力を持つ少年に殺された。そして転生を経て、この世界が生前好んでいたファンタジー的世界であることを知る。――亜人という存在と彼らが持つ『魔法』という技…

絶望が蔓延る世界で -『成人すると塩になる世界で生き残る話』

なろう備忘録第26弾。『成人すると塩になる世界で生き残る話』 ある夏の日、成人は肉体が塩になって死ぬ世界に一変した。未成年者しか生きられない世界の社会機能は容易く麻痺し、町では不良共が欲望のままに暴れ回る。そんな中、一人の少年は盲目の少女と共…

個人的なろう作品10選

「本棚の10冊で自分を表現する」みたいな感じで、好きな作品を選んでみました。今現在の私の10冊はこんな感じです。数字リンクで個別記事に飛びます。 1. 『幻想再帰のアリュージョニスト』2. 『ラピスの心臓』3. 『ロスト=ストーリーは斯く綴れり』4. 『明…

信頼こそが何よりも -『ロスト=ストーリーは斯く綴れり』

なろう備忘録第25弾。今回は『ロスト=ストーリーは斯く綴れり』について書いていきます。 魅力的なキャラクター達、隙が無いストーリー構成。シリアス一辺倒な作品かと思いきや、明るく喧しいキャラクターが緩和剤となっていたりと、丁度良いバランスを保っ…

最近読んだなろう小説を紹介する①

こんばんは。お久しぶりです。 こちらの記事が文字数制限に引っかかりそうになってきたので、新しい記事シリーズとして『最近読んだなろう小説を紹介する』を不定期に書いていこうと思います。出来るだけマイナー気味の作品から、1記事10作品くらいを目安に…

ただ最愛の人のために -『勇者イサギの魔王譚』

なろう備忘録24弾。『勇者イサギの魔王譚』を読み終えました。本当に良かった。もう充足感が凄い。この昂る感情を記録すべく、今回もまた色々と雑記していこうと思います。簡単にこの作品を紹介しつつレビューしたのち、個人の感想を赤裸々にぶちまけていこ…

ロリ少女になった引きこもりの話 -『おんらいん こみゅにけーしょん』

今回はなろう備忘録です。海外レビュー翻訳に夢中になっていたので、こちらを書くのはかなり久々になりますね。今回紹介するのは『おんらいん こみゅにけーしょん』という作品。TSモノ*1を読みたくなってローラーしてたら見つけた作品で、かなり真っ向からTS…

恋愛と親愛の線引き -『絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで』

こんばんは。今回とりあげるのは絶賛連載中の『絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで』。キリの良いところまで読み終えたので備忘録がてら紹介しようかなと。いやー、大変面白かったです。とにかく的確に読者のツボを押さえた展開が見…

最高のバッドエンド -『極地恋愛』

※ネタバレありです 『極地恋愛』読み終わった。いやーとんでもない作品でした。久々の徹夜小説になりました。やばいほど面白かったです。『インスタント・メサイア』に似た中毒性でした。なろう備忘録21弾にして初めてのノクターン小説になりましたが、そろ…

『小説家になろう』とアニメ化について

2/19:改稿しました。こんにちは。『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』がアニメ化決定したようです、おめでとうございます。半年前に書いた記事が結構的中してて面白い。 ということで今回は小説家になろうとアニメ化について雑記していこうかなと。

神話を科学するとき -『INVISIBLE』

お久しぶりです。ずーっとなろう長編の積ん読を崩しておりました。たくさんの長編を並行して読んでるもんだから、これが全然読み終わらない。現在消化中の小説はこんな感じです。『陶都物語』(23%)『INVISIBLE』(57%)『俺の人生ヘルモード』(12%)『VRMMOを…

なろう最高峰の異世界ファンタジー -『ラピスの心臓』

2017/07/03:2年と3カ月の年を経て、ついに更新再開!!!近日中に読み直してもっとちゃんとした記事を書こうと思います。 備忘録第19弾。今回紹介するのは『ラピスの心臓』という作品。随分久しぶりにまともな小説を取り上げた気がする。さすがにそろそろ…

愛がもたらすモノ -『インスタント・メサイア』

※ネタバレ注意 備忘録第18弾。 今回紹介するのは『インスタント・メサイア』という作品。これもまたかなり歪んだ作品だ。ここ最近はそんな物語ばかり読んでいる気がする。そろそろ王道テンプレ小説に回帰したらかなり楽しめて読めるのではなかろうか...。と…

携帯小説を侮るなかれ -『Mr.NO-GOOD´』

※ネタバレ注意 備忘録第17弾。今回紹介していくのは『Mr.NO-GOOD´』という作品。なろうテンプレートを批判する記事で『ただひたすら主人公が報われない』というレビューで紹介されていたので気になって手に取ってみた。元々モバゲー携帯小説で連載してい…

復讐という愛情表現 -『ああ勇者、君の苦しむ顔が見たいんだ』

備忘録第16弾。今回紹介していくのは『ああ勇者、君の苦しむ顔が見たいんだ』という作品。先に伝えておくと、この小説は決して万人受けはしない内容を含んでいる。劇物のような危険な作品です。人に勧めるのが憚られる、人から隠れて読むような作品です。 ス…

言葉にできない面白さ -『没落予定なので、鍛冶職人を目指す』

備忘録第15弾。今回紹介するのは『没落予定なので、鍛冶職人を目指す』という作品。このころの自分はランキング上位の作品を覗いてみては途中で止めてのサイクルを繰り返していた。ありていに言ってしまうとテンプレ作品に飽きてしまったのである。ランキン…

狂気の魅力 -『ウロボロス・レコード ~円環のオーブニル~』

備忘録第14弾。今回ご紹介するのは『ウロボロス・レコード ~円環のオーブニル~』だ。どこかの記事で熱心に推されていたので気になって覗いてみたところ、序盤で一気に魅了された。今まで読んだことない感じの話だったのでそれはもう思いっきりハマってしま…

禍々しいハーレム -『異世界迷宮の最深部を目指そう』

備忘録第13弾。今回は『異世界迷宮の最深部を目指そう』について色々と感想やらを雑記していく。この作品に出会ったのは本屋さんのライトノベル陳列棚だった。綺麗なイラストに心惹かれタイトルでggってみると、どうやら「なろう」の書籍化作品であるらし…

インスタントな面白さ -『天啓的異世界冒険譚』

備忘録第12弾。今回紹介するのは『天啓的異世界冒険譚』という作品。第3弾の記事で書いた『この世界が~』と同じ作者さんの書いた作品です。どこかのサイトで「『この世界が~』のプロトタイプ的な作品」と薦められていたので興味を持って読んでみた。読んで…

14年の恋慕 -『詰みかけ転生領主の改革』

※ネタバレあります 備忘録第11弾。今回感想を書いていくのは『詰みかけ転生領主の改革』。タイトルに惹かれて手に取った。領主としての改革を目当てで読み始めたのだが、記事名の通り、この作品にはもう一つの軸があった。『身の回りの問題を解決するべく奮…

苦労人な上司、頑張る -『人狼への転生、魔王の副官』

備忘録第10弾。記念すべき10本目の記事に選ばれたのは『人狼への転生、魔王の副官』。ただ単に10番目に読んだだけなのだが、まあ色々と書いていこうと思う。この本を読み始めた動機は特に記憶にないので、おそらく総合ランキング上位から適当に見繕ったのだ…

絶望を受け入れた少女 -『死神を食べた少女』

備忘録第9弾。今回感想を書いていくのは『死神を食べた少女』。とあるオススメ記事に紹介されていたこのとにかく魅力的なタイトルに惹かれて読み始めた。なろうで本格的な戦記モノを読むのは初めてで、次々と出てくる地名や人名に混乱しそうになりながらも、…

レムに盲目的になる人々 -『Re:ゼロから始める異世界生活』

備忘録第8弾。今回は『Re:ゼロから始める異世界生活』の感想を書いていく。4章まで読んだ時点で書いているのでご留意を。続きを読もう読もうと思ってるのだが中々腰が上がらない…。面白い作品なんだけど読んでて疲れるのよなあ。その辺にも触れつつ、主人…

なぜ私はシルフィが嫌いなのか -『無職転生』

備忘録第7弾。今回は『無職転生 - 異世界行ったら本気だす -』について。第2弾でいつか読む読むと書いてから約1か月、満を持しての記事になる。番外編も含めると300万文字超のド長編であるこの作品。ダレずに読み切れるか不安だったが結局6日で完走し…

なにもかも破天荒な傑作 -『転生!異世界より愛をこめて』

※この記事には重大なネタバレが含まれます。ご注意を。 備忘録第6弾。今回は『転生!異世界より愛をこめて』の感想を書いていきつつ、自分の趣味嗜好などを晒していこうと思います。はい、この作品、何から何まで私にツボだったんです。最終章を除いて。まあ…

過酷な異世界を旅する -『用務員さんは勇者じゃありませんので』

備忘録第5弾。今回感想をつらつらと書いていくのは『用務員さんは勇者じゃありませんので』という作品です。レビューサイトにて「主人公に厳しい」「過酷な異世界」なんていうコメントがあったので気になって読んでみた。俺tuee作品も嫌いじゃあないんだけど…

二転三転する物語 -『蜘蛛ですが、なにか?』

備忘録第4弾。今回は『蜘蛛ですが、なにか?』の感想をつらつらと書いていこうと思う。小説を読もうランキングで3冠制覇するなど猛威を振るっていたこの作品。しかしとことん目を惹くタイトルであると思う。この作品のスコアが伸びたのもこれが遠因してるの…

とにかく構成が凄すぎる -『この世界がゲームだと俺だけが知っている!』

備忘録第3弾。『転スラ』『このすば』を経た私は、公式ランキングや有志のオススメ記事を漁って、新規開拓に勤しんでいた。友人Aに勧められた『無職転生』も気になってはいたが、初期のうちからトップ1位の作品を読んでしまうとそれ以降読むほかの作品が霞ん…

多幸感の海に溺れる -『この素晴らしい世界に祝福を!』

【一覧】発信所まとめ 備忘録第2弾。 『転スラ』を読んで「なろう」にハマった私は熱も冷めやらぬうちに、学友に「すごい小説を読んだ」と喧伝していた。好きな作品を他人と共有したがるヲタクの悲しい性なのである。 するとなんということか、私のクラスに…