[ 発信所 ]

好きな作品を発信していきたいブログ

海外のベストアニメレビュー翻訳記事まとめ [19作品]

ぼちぼち更新再開していきます。


 
まとめ記事をリニューアルしました。
タイトルから各記事へ飛びます。括弧内は原文の著者さんの名前です。

1 『フリップフラッパーズ』 Rating:9
——— 私は映像が提供するべき美しさを十分に楽しんだのだ。それは『dreamscape*4』のように幻想的に描かれた風景である。(LeaderTGW)

f:id:owlhoot:20170126184613j:plain

 

2 『四畳半神話大系』 Rating:10

——— 物語のエンディングは本当に素晴らしい。この作品の意味を知るとき、感動せずにはいられない。(Vene)

f:id:owlhoot:20170127104824j:plain

 

3 『氷菓』 Rating: 8
——— ミステリーという題材だけではこの作品は成り立たないと言っても良いだろう。しかし、この作品の持つ真の魅力は、登場人物の人柄と、互いの関係性にある。 (Veronin)

f:id:owlhoot:20170128011356j:plain

 

4 『灰と幻想のグリムガル』 Rating: 8
——— 作品の最も重要な特徴は、徹底的なリアリズムにある。登場人物たちは食料や寝床などの確保など、基本的なことも自分で管理しなければならない。彼らはこの異世界の現実に向き合わねばならないのである。(dissipated)

f:id:owlhoot:20170129152236j:plain

 

5 『ef - A Tale of Memories.』 Rating: 10
——— 彼女らは夢を叶えるためにもがいて、あがいて、ひたすらに努力を重ねる。何をするべきか。誰と一緒にいるべきか。それらが描かれる過程で、私は彼女らに完全に感情移入してしまっていた。(TheLlama)

f:id:owlhoot:20170130162724j:plain

 

6 『ピンポン』 Rating: 9
——— これは並外れた作品だ。これほど感情を昂らせるスポーツ作品はそうそうない。(Volunteer)

f:id:owlhoot:20170131170656j:plain

 

7 『イヴの時間』 Rating: 10
——— 実際に彼らの性格全てを知ることは出来ないが、彼らの葛藤を、希望を、恐怖を理解することはできる。そして私達は全ての登場人物、ロボットにさえ感情移入をしてしまう。(Ladholyman)

f:id:owlhoot:20170201114911j:plain

 

8 『ソードアート・オンライン』 Rating: 4
※酷評レビュー注意
——— この作品の主人公である彼は『Gary Stu』の典型である。彼には人格が存在せず、行動には何の理由もない。登場する全ての女子は彼を好きになり、彼は一人でボスモンスターをさえ薙ぎ倒してしまうのだ。…頭を抱えたくなるだろう。(LordAura)

f:id:owlhoot:20170202000103j:plain

 

9 『GJ部』 Rating: 8
——— それは『GJ部』が他のアニメには出来ないようなことを成し遂げたからである。それは「ありのままの自分で過ごす」ことだ。部室の中での彼らは「自由」そのものであり「自重」という言葉を知らない。(tommy73)

f:id:owlhoot:20170202195004j:plain

 

10 『Angel Beats!』 Rating: 7
——— 初めの幾つかのエピソードは巧く作られていて、殆どの人は続きを期待することだろうと思う。SSSの仲間や Tenshi を紹介しつつ、並行して行われる世界観の説明も見事であり、この不可思議な死後の世界の真実や、キャラクター達がどのようにこの世界に辿り着いたのかを知りたくなってしまうことだろう。しかしながら、物語は少しずつ崩れ始めていく。(Dream95)

f:id:owlhoot:20170203235328p:plain

 

11 『Charlotte』 Rating: 3
※酷評レビュー注意
——— この作品はストーリーを作る際の禁忌である『Deus ex machina *2』『plotholes *3』『asspulls *4』『you name it *5』の全てを犯している。(Link_of_Hyrule)

f:id:owlhoot:20170204135132j:plain

 

12 『とらドラ!』 Rating: 10
——— この作品の最も重要な部分は『多様なキャラクター達が交流の中で織り成していく相互作用』『成長と共に徐々に変化していく彼らの関係』にある。(rooserloom)

f:id:owlhoot:20170205181239p:plain

 

13 『魔法少女まどか☆マギカ』 Rating: 10
——— この作品に登場するメインキャラクターは、皆可愛らしい少女達だ。しかし彼女らはストーリーを通して、予想もしない方向へ変じていく。そして私たちは彼女らの過去を知ることで、彼女らの本心を、行動原理を、様々なことを理解することになる。(Ghostalker)

f:id:owlhoot:20170206010527j:plain

 

14 『魔法少女まどか☆マギカ:叛逆の物語』 Rating: 10

——— 誰もこんなことを期待してはいなかった。誰もこんな展開が訪れるとは思いもしなかった。しかしそれは不可避だった。(MotherOfUltra)

f:id:owlhoot:20170206202150j:plain

 

15 『電波女と青春男』 Rating: 9

——— この作品のキャラクターは奇抜な人間ばかりである。よくあるキャラクターの焼き直しではなく、彼女らに新しいタイプの個性を与える手法は痛快の一言。(Wittgenstein)

f:id:owlhoot:20170207182010j:plain

 

16 『秒速5センチメートル』 Rating: 10
——— この映画が描くのは、遠く離れてしまった距離が二人の愛をゆっくりと引き裂いていく過程であるが、その根底には様々な美しいテーマが組み込まれている。(TheLlama)

f:id:owlhoot:20170210180932j:plain

 

17 『Re:ゼロから始める異世界生活』 Rating: 5
※批判多め注意
———これらのことを誤魔化すために、ますます残酷な方法でキャラクターは殺されていく。手足をもがれ、鎖に縛られ拷問を受け、人間としての尊厳も全て奪われる。その暴力に意味は無く、しかし人為的この上ない。(Veronin)

f:id:owlhoot:20170509012851j:plain

 

18 『狼と香辛料』 Rating: 10
——— どれだけストーリーが複雑になったとしても、Holo と Lawrence の軽妙な掛け合いがいつも私達を癒してくれる。(Aereldor)

f:id:owlhoot:20170516001514j:plain

 

19 『中二病でも恋がしたい!』 Rating: 7
———この自らの内にある愛情を認識して、その感情が積もりに積もっていく過程が、他の何よりも魅力的であった。(Veronin)

f:id:owlhoot:20170525161610j:plain

 

20 a Rating: 9
———