[ 発信所 ]

好きな作品を発信していきたいブログ

【おすすめ】小説家になろう50選!マイナー・有名作品まとめて紹介する

なろうを読み始めて数年間、500以上の作品を読んだ。
とりあえず一段落ということで、心の底から楽しめた作品を厳選して紹介します。

更新が途絶えている作品はできるだけ除外。どれも本当に面白い作品です。気になる作品があれば是非。無料ですしね。

  • タイトルから作品サイトに飛べます。
  • 文字数も明記してあります。一般的なライトノベル1冊が10~13万文字程です。

 

▼ 合わせて読みたい

New! 【2017年版】小説家になろうのオススメ作品20選

【R-18】ノクターンノベルズのおすすめ作品14選

これから読む予定の面白そうな作品メモ まとめ [現在49作品]

 


スポンサーリンク

 


 

 

なろう要素:ステータス、チート、俺tueee、ハーレム要素など。享楽的な作品に多めです。

 

是非読んでほしい作品

タイトル オススメ度 文字数
この世界がゲームだと俺だけが知っている ★★★★+
(4.7)
1,356,433
(連載中)

常に読者の予想の斜め上をいく、一風変わった名作。

ゲーム内への転生型のVRARPGモノ。そこで様々なバグを利用しながら、ゲームを攻略していく話。純粋にストーリーがクソ面白いです。第2章ラストまでの物語の構成は見事としか言いようが無い。主人公の絶望、逡巡からの鮮やかな伏線回収のカタルシスが半端無い。ただ3章以降は女子5人によるハーレム展開になるので苦手な人は注意。

とにかく構成が凄すぎる -『この世界がゲームだと俺だけが知っている!』


 

ロスト=ストーリーは斯く綴れり ★★★★★
(5.0)
1,379,880
(完結)

舞台は魔術大学。高速詠唱についての研究を巡る、舌戦飛び交う群像劇。

とにかくこの作品の魅力は、それぞれ腹に一物ある底が見えないキャラクター達。そんな彼らが心を開いて露わにする素直な感情や本音には、思わず目頭が熱くなる。序盤冷え冷えだった研究室の雰囲気が、様々な出来事を通して段々とほぐれていく過程も本当に素晴らしい。大学編ラストシーンは感無量の一言。

序盤の展開の重さや小難しい設定が関門ですが、そこを抜けたら間違いなく面白いです。そして毒舌系ヒロインは、最高に可愛い。

信頼こそが何よりも -『ロスト=ストーリーは斯く綴れり』

 

勇者イサギの魔王譚 ★★★★+
(4.7)
1,386,219
(完結)

それぞれ全く違う性格の4人をメインに据えた、複数主人公の魔王譚。

ただ最愛の人のために己を貫き続ける彼らの姿が、最高に格好良い。ストーリーは割と厳しめ。中盤は仲間同士のぶつかり合いなど辛い展開が続くが、その分ラストシーンの盛り上がりは物凄い。作者さんのワードセンスは本当に痺れる。章題が秀逸。

ただ最愛の人のために -『勇者イサギの魔王譚』


 

ラピスの心臓 ★★★★★
(5.0)
842,094
(連載中)

なろう最高峰の異世界ファンタジー

主人公は強く義理堅く、出会った女性は彼に惹かれていく。そんななろう系テンプレが徹底的に硬派に綴られることで、ある種の昇華を遂げている。そして一人一人の登場人物が真摯に描かれることにより、私たちは彼らに深く感情移入してしまい、ヒロイン達の淡い恋心に、仲間達の熱い友情に、胸を熱くせざるを得ない。

作者様は『読んでいて誰もが本能的に快感を感じられる何か』を心得ているに違いない。老成と幼さが混在した主人公が最高に好き。(更新再開!!!)

なろう最高峰の異世界ファンタジー -『ラピスの心臓』


 

氷の滅慕 ★★★★+
(4.7)
1,409,327
(連載中)

16人の魔王が各地に君臨する世界。死にかけの少女と女魔族の出会いから物語が始まる。

女魔族の血を得ることで少女は一命を取りとめ、その後数年間を共に過ごすことになる。次第に彼女らは惹かれ合ってゆくが、魔王の介入により二人は離れ離れになってしまう。最愛の人を奪われた少女は絶望し、泣き叫び、魔王への逆襲を誓う。少女は強くなるために戦地に赴き、魔族を食らい、食らい、食らい尽くして、そして狂愛に育まれた怪物が生まれる。

魔王がそれぞれ滅茶苦茶に強いのが良いです。ハマる人はとことんハマるはず。

 殺戮に彩られた百合の花 -『氷の滅慕』

 

人狼への転生、魔王の副官 ★★★★+
(4.6)
1,397,936
(完結)

転生物と軍記物のバランスが絶妙な悪役転生モノ。おまけ程度のハーレム要素の按配が良い。主人公の「部下から慕われている苦労性の上司」感が最高。

全編どこをとっても安定して面白く、文章も読みやすく、適度に爽快感もある。登場人物も皆魅力的で、サブキャラクターの描き方がすごい上手いなぁと感じた。なんだこの完璧な作品。

苦労人な上司、頑張る -『人狼への転生、魔王の副官』


 

明治蒸気幻想パンク・ノスタルヂア ★★★★★
(4.9)
816,811
(完結)

ファンタジーやらスチームパンクやらが入り混じった架空の明治を舞台にした、骨太な群像劇、或いはヒューマンドラマ。

思惑が渦巻く派閥争いの中に生きるキャラクター達が克明に描かれる。特に心理描写が卓越していて、業を背負った主人公とヒロインの葛藤や、互いを強く想い合う双子兄妹の揺れる感情が、深く心に響く。

回り回って加速していくストーリーも文句無しに面白いし、雰囲気に合ったエキゾチックな文章も素晴らしい。そしてヒロインの可愛さに悶え死にます。

第一級のエンターテイメント -『明治蒸気幻想パンク・ノスタルヂア』

 

詰みかけ転生領主の改革 ★★★★+
(4.6)
677,181
(完結)

とにかく最終話が綺麗。一気読み推奨。

ストーリーはタイトルそのまま。主人公が2歳のうちから領地を改革していきます。その手法は結構本格的で読み応えアリ。そしてこの作品は主人公がヒロインと結ばれるまでの14年間の『過程』を描いた物語でもあり、その間の歳を重ねる毎に段々と変化していく関係性が本当に最高。

最初は2歳の主人公に戸惑うかもしれませんが、すぐ成長しちゃうんで読み進めちゃいましょう。

14年の恋慕 -『詰みかけ転生領主の改革』


 

用務員さんは勇者じゃありませんので ★★★★★
(4.9)
1,328,553
(連載中)

チート能力も何も無い用務員さんが、弱肉強食の理不尽な異世界を命がけでサバイバルする物語。とにかく主人公が格好良い。冷徹な一面に痺れ、時折見せる人間味に微笑まされる。

この作品は基本「人間VS人間」の物語であり、全員が幸せになるご都合展開も主人公補正も胸のすくような爽快感も無いが、どうしようもなく儚い、切ない、救いの描写がこの作品の魅力だと感じる。

過酷な異世界を旅する -『用務員さんは勇者じゃありませんので』


 

武士は食わねど高楊枝 ★★★★+
(4.5)
1,178,496
(連載中)

魔法技術を持つ亜人の出現によって、ファンタジー化を遂げた地球の見聞録。

この作品の魅力の1つは様々な設定。八百万の神々、クトゥルフ神話、フリーメイソン、カバラ数秘術など色々なテーマをオリジナリティ溢れる解釈で物語に引用していて興味深い。

そしてもう1つは破天荒なストーリー展開。鬼に攫われたり、無貌の神に弄ばれたり、過度な虐めを受け精神崩壊したり、ヒロインとずぶずぶの共依存関係に陥ったり...。人を選ぶとは思いますが、普通の小説に飽きた方、刺激を求める方に薦めたい一作。

これぞ鬱展開の真髄 -『武士は食わねど高楊枝』

 

Unnamed Memory ★★★★★
(4.8)
1,003,253
(完結)

隠れた名作。王と魔女の出会いから始まる王道ファンタジー作品。綺麗な筆致で描かれる重厚なストーリーが本当に素晴らしい。割と恋愛色強め。

短編連作の形をとっていて、様々な切り口から語られる彼らの物語はただただ面白くて読み終え時を忘れてしまう。主人公が真っ当に強くて格好いいという作品も中々珍しい。多作な作家さんなので他作品も是非。

『貴方がその剣の持ち主で、私が魔女である限り、いつか貴方は本当に私を殺さなければならないかもしれませんよ』
―――Act.1『森の見る夢 002』より

 

インスタント・メサイア ★★★★★
(4.8)
769,751
(完結)

一度読んだら虜になる、麻薬のような作品

自分の大事な者を全て奪った魔族の下僕となり、彼女らを愛情と狂気で侵食していく男の物語。「人は好意を向けられる快楽から逃れられない」と嘯き、道化を演じる主人公が最高にクール。

可愛い少女達が織りなす気の抜けた日常描写と、愛憎入り混じるサイコホラーな展開の落差にゾクゾクくる。「腹の探り合い」「人が堕ちていく過程」「女同士のガチ喧嘩」などの描写が巧みで、読んでいて思わず息を呑んだ。あと結構えろいです。

みんなみんな愛してあげますから。
愛してやるから、覚えていろ。
震えやがれ。
―――2章24話「僕の地獄へようこそ」より

愛がもたらすモノ -『インスタント・メサイア』

 

転生したらスライムだった件 ★★★★+
(4.5)
2,091,227
(完結)

小説家になろうにおける『成り上がり』系小説の金字塔。

最弱のスライムが最強の能力を使って成長して、配下を作り、国を建てる。テンポ良い展開と厨二心くすぐる物語に次第に惹きこまれていく。序盤・中盤・終盤と隙無く面白いのも良ポイント。序盤の国が発展していくあたりが個人的に好き。

来年あたりアニメ化されそう。

成り上がり物語の金字塔 -『転生したらスライムだった件』


 

黒の魔王 ★★★★+
(4.7)
3,433,668
(連載中)

古き良き異世界ダークファンタジー。

ストーリーは間違いなく面白いが、文章が冗長であったりサブキャラを増やしすぎて寄り道が多いのが難点。しかし恋愛要素に関してはこの作品の右に出るものは無いと断言できる。

爆弾を抱えたヤンデレ少女たちの正妻戦争こそが『黒の魔王』の真価。ドロドロの修羅場。少しずつ狂っていく少女達。恋敵を蹴落とし最後に主人公を獲得するのは誰か。じれじれな展開もありますが、是非最後まで読んでほしい。ヤンデレ好きは必読。

至高の愛はヤンデレにならざるを得ない - 書評『黒の魔王』

結構真剣に書きました。是非。


 

死神を食べた少女 ★★★★+
(4.5)
335,278
(完結)

撤退戦・末期戦を戦い抜く少女の物語。絶望と爽快が入り混じった幻想的な作品。国と国との関係や政争など、戦記モノとしても読み応えは抜群。

作者さんの他作品もお勧め。火輪、勇者、極星の少女シリーズは名作揃い。

絶望を受け入れた少女 -『死神を食べた少女』


 

ウロボロス・レコード ~円環のオーブニル~ ★★★★★
(4.8)
1,409,210
(連載中)

「永遠に恋をする物語」と銘打たれた、ここ最近で屈指の怪作。

不老不死を目指すどこか狂った錬金術師が主人公の物語。奴隷に人体改造を施し、洗脳して出来た「作品」を侍らせて異世界で暗躍する悪役転生モノ。何の躊躇もなく正義を潰していく様は、むしろ爽快感さえ感じてしまう程。これぞ悪役小説の真髄。

小説としての完成度も非常に高い。ヒロインと奴隷契約を結び直すシーンは圧巻の一言。

狂気の魅力 -『ウロボロス・レコード ~円環のオーブニル~』


 

無職転生 - 異世界行ったら本気だす - ★★★★+
(4.5)
2,835,125
(完結)

言わずと知れたなろう総合ランキング1位作品。納得の面白さ。

主人公の生涯を軸にして、彼に関わる人々の物語が枝葉のように紡がれていく。

この作品の魅力は枝葉の部分と、文章の読みやすさ、チープに見えないハーレム展開、そして主人公の"弱さ"もきちんと描いているところにあると思う。全体のテーマは『家族』と感じた。

なぜ私はシルフィが嫌いなのか -『無職転生』


 

蜘蛛ですが、なにか? ★★★★+
(4.7)
1,190,694
(連載中)

軽い気持ちで読み始めたら、まんまと蜘蛛の糸に捕まってしまった。「クラス転移」と「人外転生」を非常に上手く組み立てた傑作。

この作品が本当に面白くなるのは、蜘蛛側とクラスメイト側の2つの物語が交錯し収束していくところから。『D』の干渉が始まったあたりから物語は超加速する。

段々と物語の全体像を明らかにしていく構成力には舌を巻かざるを得ない。主人公の正体を巡る二転三転は非常に見事で、予想外の伏線回収に鳥肌が立った。

二転三転する物語 -『蜘蛛ですが、なにか?』


 

Rotted-S ★★★★★
(4.9)
1,022,226
(完結)

壮大な世界観で描かれる純正ファンタジー作品。良い意味でなろうっぽくない雰囲気に、海外のジュブナイル小説を想起させられた。

この作品の軸は少年の成長譚。その過程で彼は支えるべき少女に出会い、様々な戦乱に巻き込まれ、大陸の真実を知り、そして神話時代から続く欺瞞に終止符を打つ。

重厚なストーリーや舞台設定は勿論ですが、一人一人のキャラクターを大切に描いているところにこの作品の魅力を感じる。本編は大半がシリアスですが、幕間や後日談の彼らのバカップルぶりにはとても癒されました。

 そして少年は少女の騎士となる -『Rotted-S』

 

幻想再帰のアリュージョニスト ★★★★★
(5.0)
3,022,840
(連載中)

個人的になろうで一番好きな作品。

ゆらぎの神話』をベースにした圧倒的に重厚なオカルト・サイバーパンクの世界観に設定群。不完全な主人公と欠陥を抱えた魔女姉妹のどうしようもない共依存関係。そして全てを束ねるストーリーラインと筆致の美しさ。其々の章の完成度。

破天荒で荒唐無稽で滅茶苦茶に面白い物語です。レビューがどれも秀逸なので気になった方は是非。

 「個人的な好みで言わせてもらえば――悩むくらいなら両方の要素をぶち込んでしまえばいい。収拾がつかないとか辻褄とかバランスとかは気にしないで、滅茶苦茶なくらいが一番面白いと、俺は思う」
ーーー2章15『そんなことよりゲームをしよう』より

 

スポンサーリンク

 

 

 

オススメ作品(なろう要素多め)

タイトル オススメ度 文字数
田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~ ★★★★
(4.4)
1,968,950
(完結)

回復チートを得た30代後半の冴えないオッサンが織り成す異世界冒険譚。

この作品の肝は主人公である田中。行動自体は常に低姿勢で紳士的なのに、内面はゲスいセクハラ妄想全開なギャップが面白い。 読者のほとんどが口を揃えて「とても万人にはおすすめできない、でも自分は好き」というのも頷ける。

そしてヒロイン枠である一癖二癖ある様々な種族のロリ少女達との異種間コミュニケーションが最高におもしろかわいい。文章もライトで読みやすく、頭空っぽで楽しめる「これぞなろう小説」という傑作。

キャラクター小説の傑作 -『田中のアトリエ』


 

絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで ★★★★
(4.4)
784,045
(連載中)

より良い睡眠を求めて個性豊かな女の子達とダンジョンを経営するお話。

正当派な作風ながら予想もつかないストーリー展開にワクワクさせられる。悪役転生ならではの少しダークな要素も上手いことアクセントになっています。そして主人公とヒロイン達の間にある『親愛感情』のようなものが最高で、癒される。

恋愛と親愛の線引き -『絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで』


 

没落予定なので、鍛治職人を目指す ★★★+
(3.9)
362,727
(連載中)

明らかに他の作品とは一線を画すものがある作品。テンプレから少しズラしてくる感じが個人的にメッチャ好き。文法の間違い、誤字脱字なんて気にならないほどの本物の「面白さ」にグイグイ惹き込まれる。

大体1話完結の超テンポ良い作品です。作者さん独特のユーモアも最高。そして主人公と結婚する運命にある悪役令嬢ちゃんのデレが桁違いの可愛さでした。

言葉にできない面白さ -『没落予定なので、鍛冶職人を目指す』


 

異世界迷宮の最深部を目指そう ★★★★
(4.1)
3,398,975
(連載中)

本格的な王道異世界ファンタジー作品。燃えも泣きも笑いも全体的に高水準。

この作品の魅力はなんと言ってもどこか歪んだヒロイン達。『依存癖』『承認欲求』『独占欲』など入り乱れる愛憎劇ちっくなハーレム展開が癖になる。課せられたスキルの影響で主人公もかなり歪な人間に描かれている。少し違和感を感じるかも。

禍々しいハーレム -『異世界迷宮の最深部を目指そう』


 

転生!異世界より愛をこめて ★★★★
(4.0)
477,351
(完結)

ヒロインとのすっちゃかめっちゃかな異世界二人旅を描く物語。

途中からはダブルヒロイン体制になるのだけど、彼女らのキャラクター造詣が本当に素晴らしい。弁当箱(作者)さんの描く『可愛い』シーンに何度萌え禿げたことか・・・。テンプレ無視で破天荒なストーリーも本当に面白い。ただ中盤に鬱展開があるのでそこは覚悟が必要。

なにもかも破天荒な傑作 -『転生!異世界より愛をこめて』


 

天啓的異世界転生譚 ★★★+
(3.8)
659,992
(完結)

異世界転生物のテンプレ的なイベントを色々と台無しな形で解決していくお話。

「この世界がゲームだと知っている!」作者のウスパー先生の独特のセンスが光る。全100話の物語で最終的に15人くらいのハーレムを作ったり、突き抜きすぎてて逆に爽快感ある。

最初に出会ったヒロインを始終丁寧に描いてくれたのが良かった。ある意味一途なのだろうか。

インスタントな面白さ -『天啓的異世界冒険譚』


 

夜伽の国の月光姫 ★★★★
(4.2)
424,300
(完結)

 愛くるしい白髪の少女に転生した、女の子大好きなおっさんの転生譚。

「異世界言語を上手く習得できなくて片言でしか話せない」という設定を上手く活かした、いわゆる勘違いモノ。カタコト萌えの私には非常に刺さる。主人公の執事として振舞うネズミの紳士も可愛かった。

文章もストーリーも高水準。こういう30万文字で完結+番外編みたいな作品増えないかなあ。

 

果ての世界で ★★★★
(4.0)
328,433
(完結)

暗号とWikipediaを心から愛する少年はある日、小さな少女となり異世界へ転生する。 リアリティの追求が徹底的な、かなり説得力のある内政+戦記モノ。

特に海戦の部分は個人的にとても楽しめた。一筋縄ではいかない敵が良い味出してます。 TS要素は薄いですが、色々な面白さがギュッと凝縮された傑作です。

 

転生したら剣でした ★★★+
(3.7)
1,031,122
(連載中)

『成り上がり』系作品から紹介。

剣に人外転生した主人公の成り上がり作品かと思いきや、奴隷の無口猫耳少女に拾われてからは何ともほのぼのとした雰囲気の冒険譚へと・・・。主人公と少女との師弟関係が心地良い。少女が無双する作品は最高。ただただフランちゃんが可愛い。ケモミミは正義。

 

異世界倉庫の管理人さん ★★★+
(3.8)
628,733
(連載中)

100億zの借金を負っている異世界倉庫の経営を立て直すべく奮闘するお話。

内容自体はわりとライトです。個性豊かな従業員達と仲良く頑張るぞーって感じでガチの経営を期待すると肩透かしをくらうかも。主人公以外のキャラクターが軒並み頭弱いことと地の文章が若干気になりますが、それを考慮しても綺麗にまとまってる良作だと思います、是非。

 

セブンス ★★★★
(4.2)
2,182,175
(完結)

王道一直線でありながら普通に面白い、お手本のような異世界モノ

荒削りな文体ではあるものの重厚で骨のあるストーリーは読み応え抜群であり、ミステリアスで底が知れないメインヒロイン、それぞれ明確な役割を持ったサブヒロイン達も魅力に溢れている。読み進めるほどに面白くなってくる作品です。4章あたりから化けてきた印象。ただ、かなり大所帯ハーレムになるので苦手な方は注意。

 

NO FATIGUE 24時間戦える男の転生譚 ★★★+
(3.6)
1,103,354
(連載中)

「疲れない・眠らない・飽きない」という能力を得た主人公の、「なろう」節全開の俺tueee作品。異世界言語取得のプロセスなど他の作品では見られない内容が多く楽しく読めた。24時間休むことなくコツコツと単純作業を繰り返し、スキルレベルをカンストさせていく様がなんとも小気味良い。

話が進むにつれてご都合主義が目立ってくるのもなんとも「なろう系」らしい。

 

ネトオク男の楽しい異世界貿易紀行 ★★★★
(4.0)
1,008,827
(完結)

ネットオークションを生業としている男が異世界と現世を行き来して商売する話。

メインヒロインの自由気ままなお姫様が最高にキュートで、姫様親衛隊の一員とかいうポジションに収まっちゃうヘタレ気味な主人公が良い。魅力的なキャラクター達の掛け合い、時折混じる雑学、不穏な雰囲気を匂わす世界の「謎」。面白かった。

 

奪う者 奪われる者 ★★★+
(3.7)
648,692
(連載中)

12歳の少年が主人公のよくあるチーレム物語。B級的な魅力がある作品。ダークな展開と幼く微笑ましいパーティーのギャップに何ともいえない良さがある。

主人公は精神がぶっ壊れて色々と達観しているし、ヒロイン達も皆可愛かった。

 

異世界混浴物語 ★★★+
(3.9)
695,283
(連載中)

タイトルから色物かと思いきや、蓋を開ければ丁寧な異世界冒険譚であった。

『バスルームを現出させる』という訳分からんスキルを手に入れた主人公は亜人の男と冒険に旅立つ。序章で同時に召喚されてフラグが立ったヒロインと、再会を約して別々の旅に出る展開が個人的にとても好きだった。ちゃっかり旅先で他の女の子と仲良くなるのも「なろう系」っぽくて良い。

 

スポンサーリンク

 

 

 

オススメ作品(なろう要素少なめ)

タイトル オススメ度 文字数
Re:ゼロから始める異世界生活 ★★★★
(4.4)
4,768,993
(連載中)

『死に戻り』の能力だけを与えられた主人公が、必死こいて異世界を生き抜く話。

読むのに何かと気合がいる作品。なろう作品のうちでも屈指の敷居の高さがある作品だと思う。しかし根気強く読み進め、第3章52話『ゼロから』まで辿り着くことが出来たら、桁外れのカタルシスを味わうことが出来る。涙腺崩壊します。

書籍版の方がブラッシュアップされてて圧倒的に読みやすいです。web版の冗長さも好きだけど。

レムに盲目的になる人々 -『Re:ゼロから始める異世界生活』


 

きみは小さな居候 ★★★★
(4.3)
357,896
(連載中)

大学生の男と座敷わらしの少女が織り成す、日常ほんわかファンタジー。

ただ日常風景だけを描いた作品ではない。思わず心が温かくなるようなヒューマンドラマこそがこの作品の真価だと感じる。登場人物がもうみんな良い人すぎて本当に癒されます。章毎に完結する構成なので、是非気軽に読んでみてほしい一作。

優しさと原風景 -『きみは小さな居候』

 

この異世界で一番美しいものを探す旅 ★★★★
(4.2)
1,060,280
(完結)

少し捻くれた少年が異世界で初めて仲間を、居場所を得る話。

共に支え合い、時には衝突し、皆で成長していく関係性が良い。決して仲良しこよしのグループではなく、かなり歪んだ関係性なのも含めて良かった。最後まで4人パーティで固定してるのも特別感あって良いです。章を追うごとにメインキャラクターの過去が明らかになっていき、どんどんと面白くなっていく構成も見事。本家のレビューも書いてみたので是非。

仲間の在り方 -『この異世界で一番美しいものを探す旅』

 

カボチャ頭のランタン ★★★★
(4.3)
1,930,695
(連載中)

なろうでは割と珍しい、ボーイミーツガールを主軸に据えた異世界冒険譚。彼、彼女と出会うことで変わっていく自分の世界、なんて感じでしょうか。

世界観はかなり血生臭く、過酷な環境での生活が丁寧な筆致で描かれている。共依存っぽい二人の関係性の危うさも、読んでいてなんだかドキドキしてしまいます。

 

蝉だって転生すれば竜になる ★★★★
(4.2)
108,271
(完結)

『木に停まる蝉は、星すら穿つ愛を歌う』ーーーtismo様のレビューより抜粋

まるで大人向けの絵本のような、愛と優しさとユーモアに溢れた恋愛叙述詩。心優しいキャラクター達に温かい気持ちになり、ツッコミどころ多数の設定に笑ってしまう。なんというか、不思議な雰囲気を持っている作品で上手く説明できないのですが、是非読んでほしい一作。泣けます。

 

ハルジオン~口だけ野郎一代記~ ★★★★
(4.2)
2,148,080
(完結)

己を良く見せることにだけ全霊を注ぎ、全力で口車を回す主人公の物語。

今まで読んできたなろう小説の中で一番笑った。自己愛しかない主人公の心の声が面白すぎる。クソみたいな性格の主人公を許容できたら、絶対に楽しめる物語だと思う。

 

Tamer's Mythology ★★★★
(4.0)
928,252
(連載中)

 どこか歪んだ魔物使いが主人公の『歪んだ愛』を描く物語。

この作品は、とにかく官能的。居丈高な主人公に魅了されていくヒロインが最高。純真なヒロインの1人が少しずつ壊れ歪んでいく描写はなかなかにゾクゾクと来た。邪道っぽいけど、しっかり王道ファンタジーしてる良作。

 

自分が異世界に転移するなら ★★★★
(4.4)
808,258
(完結)

堅実な27歳の男がなろう系テンプレな集団転移に巻き込まれたら。

限られた物資のみを持って謎の大陸に送り込まれた彼は、死んだ人のアイテムの所有権を上書きできることに気づく。そして彼の前には、同じく転移に巻き込まれた人物の死体があった...。とにかく怒涛の展開に目を離す隙が無く、ただただ面白い。オチも完璧です。

 

おんらいん こみゅにけーしょん ★★★+
(3.9)
447,222
(完結)

『TS+ロリ+恋愛』というニッチなジャンル、かつ引き籠りで自殺未遂の主人公という爆弾のような設定を抱えながら、それらを真っ向から真摯に描いた名作。

少女になった主人公は現実から目を背けるためVRMMOという仮想世界に逃避する。そこで温かい仲間達と触れ合い勇気をもらいながら、彼(彼女?)は現実と向き合っていく。とりあえずサンちゃんが可愛いです。イラスト付き最高。

ロリ少女になった引きこもりの話 -『おんらいん こみゅにけーしょん』

 

破壊の御子 ★★★★
(4.2)
1,419,480
(連載中)

魔法、スキル、ジョブ、ステータス、ハーレム要素皆無の異世界戦記モノ。

主人公が持つのは『現代知識』のみ。人類に虐げられている様々な種族の亜人を束ねた彼が目論むのは、国家転覆。第1章ラストの決戦はかなり読み応えあります。

ただ俺tueeeは無しだと明記されていますが、割と主人公をちやほやする描写は多いので、そういうのニガテな方はご注意を。

 

悪役令嬢に恋をして ★★★+
(3.9)
937,357
(完結)

美貌だけを得て貧民外の孤児として転生した主人公が「物語の最後には必ず不幸になる」運命にある悪役令嬢を助けるために世界の強制力に歯向かうお話。

主を政争に勝利させるため、己の美貌を活かし様々な女を囲って、貴族界隈の情報を欲しいままにするゲスい主人公が最高です。それでいて令嬢に一途なのも良い。ただ、地方領主編あたりからはテンプレ気味になるので注意かも(ハーレム展開など)

 

棺の魔王 (コフィン・ディファイラー) ★★★★
(4.4)
643,612
(連載中)

コフィンという国の趨勢を描く、複数主人公の骨太ダークファンタジーもの。ファンタジーもののテンプレスキルをほぼすべて手にした悪の勇者に立ち向かう、努力とプライドだけで強くなった普通の人間達の姿がやばいほどかっこいい。

とにかくキャラがカッコいい。姫様も、悪役すらもカッコいい。個人的にはなろうの戦記モノの中で1位2位を争うレベルの面白さでした。書籍1巻が3日で重版かかったとかなんとか。

 

刃金の翼 ★★★★
(4.3)
1,094,051
(完結)

転生無しの正統派異世界ファンタジー作品。

それぞれ心に傷を負っている4人の男女が、共に支え合いながら試練を乗り越え、成長していく。各章でそれぞれ丁寧に掘り下げられて描かれるキャラクター達、王道ながら骨のあるストーリー。全体的にやや暗めでシリアスな話ですが、本格的なファンタジーを読みたい方は是非。

守るべきもの -『刃金の翼』

 

INVISIBLE -インヴィジブル- ★★★★
(4.3)
1,758,262
(完結)

人類進化の終着点と科学技術をテーマにした、現代神話風セカイ系SF群像劇。

なんだか物々しい謳い文句ですが、ストーリー自体は多種多様な神様たちが世界を救うために色々がんばるというシンプルなもの。しかしその哲学・神学・理学の知識に裏打ちされたストーリーは非常に奥深く、恐ろしいほどの魅力を醸す。

神話を科学するとき -『INVISIBLE』

 

ヘヴンズ・コンストラクター ★★★+
(3.8)
1,186,121
(連載中)

近未来。主人公の職業は、神様。

『ほのぼの科学内政系サイバーパンク』と銘打たれた、文明構築モノ。 仮想死後世界の住民たちと試行錯誤しながら自分たちの世界を作っていく。なにやら敷居が高そうですが、主人公は割と俗世的なので読みやすいと思います。設定もしっかりしているのでSFファンにも強くオススメしたい一作。

 

ブレーメンの屠殺場 ★★★★
(4.0)
102,981
(完結)

加速度的に面白くなるホラー風味な謎解き脱出ミステリー。

隔離された空間に集められた4人の少年少女が、間違えたら死のリドルゲームに巻き込まれるお話。ストーリーは短めですがその分構成は巧みに組まれている。序盤の謎解き要素はやや弱いが、中盤以降は予想外の答えや伏線回収に「あーっ!」となること請け合い。

 

マネーロンダリング~二億円の行方 ★★★★
(4.0)
139,128
(完結)

 『2億円を手に入れたとき、あなたならどうしますか?』

風俗嬢、刑事、更にはヤクザ、銀行員等の思惑が複雑に絡み合う、純愛と大金の行方を巡るヒューマン・サスペンス作品。 緊迫感のあるストーリーにハラハラさせられ、一度読んだら止められない。風呂敷の畳み方も見事でした。丁度文庫一冊くらいの長さなので是非お気軽に。

 

VRMMOをカネの力で無双する ★★★+
(3.8)
821,263
(完結)

お金持ちの御曹司がやりたい放題やる話。

課金厨VS廃人達の仁義なき戦いがとにかく面白すぎる。割とテンプレ俺tueeなストーリーなのですが、ブレない美学を持っていて自信に満ち溢れた主人公が上手く作用して唯一無二の作品となっている。こういう吹っ切れた主人公本当に好きです。

 

 


皆さんもオススメの作品があったらコメント欄に是非~!

(追記):最近ツイッターアカウントを作りました。なろうのことばっか呟いてます。気が向いたらフォローしてやってください。

 

【小説家になろう】面白そうな作品メモ まとめ [現在38作品]

【小説家になろう】心温まる!おすすめ恋愛短編20選

ノクターンノベルズのおすすめ作品18選 

【おすすめ】amazon高評価なラノベ12作品を紹介する