読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ 発信所 ]

好きな作品を発信していきたいブログ

【2017年】ナウなヤングがお届けするおすすめ漫画30選

こんにちは。

私は「漫画 おすすめ」などでよく検索しているのですが、検索上位にあるページは軒並みにターゲットにしている層が20~30代のように感じまして(記事の執筆者の年齢層がそのくらいなのかもしれない)、若者による若者に向けたオススメ漫画記事はわりかし需要があるのではないかと思ったのが、執筆理由となっております。

記事の性質上、紹介する漫画は割と最近のモノが多いです。ライトに楽しめることができて、また心を揺さぶってくるような作品を集めてみました。なお「SLAM DUNK」や「HUNTER×HUNTER」といった殿堂入りしているような有名すぎる作品は除外しました。

どれもオススメの作品でありますが、下に行くほどオススメ度が高くなっていきます。ランキング形式というほどではないですが、私と好みが合いそうな方は是非ご参考に。

スポンサーリンク

 

 

 

全ての一人暮らしの人に捧ぐ、哲学系部屋コメディー」と銘打たれた、大学院生の独り言系日常マンガ。一人暮らしあるあるが様々な角度から描かれる。とにかく一人しか登場人物がいないので、ツッコミ役として家具が喋るのがシュールで楽しい。


「町の平和は私たちが守る!」と3人の少女達がバタバタとお外を駆け回る。そしてただただ癒される。 とにかく元気でアウトドアな作品。

 

物語の内容はタイトルそのまま。自身の境遇に大きなコンプレックスをもつ主人公が、それぞれ闇を抱えた通信制高校の生徒たちと傷を舐め合いながら、それでも前に進んでいく。彼ら、彼女らが叫ぶ言葉は、とにかく心に刺さる。

 

群衆に潜む人ならざる者である"グール"を取り巻く世界を描く、非常に質が高い群像劇。とにかくこの作品の魅力は『画力、世界観、キャラクター造形』であると思う。こういう格好いい大人達が活躍する作品は良いモノだ。


少女たちが終わった世界を半装軌車に乗ってウロウロする。とくに目的もなく、超巨大建築物の中を、謎の神が祀られている神殿を、崩れ落ちた工場を、見て周る。
このゆるーい終末感が中々どうしてクセになる。


しがないサラリーマンがスライムになってファンタジー溢れる異世界に転生する。期せずしてチート級の能力を得たスライムさんは、魔物達を治めて国を建てる。ハイテンポでストレスフリーな展開が絶妙


 中学生の娘とアラフォーの父の日常物語。記号的な萌え要素ではなく、自然にこの年頃の少女の可愛さを描ききっている手腕はさすがである。そしてこの、娘のことで悩みが絶えない苦労性のお父さんがまた良い味を出している。

 

格ゲーブーム到来の1991年。場末のゲーセンにで出会った少年と少女の物語。『昔懐かしなアーケードゲーム』という扱う題材も好きですが、この作品は恋愛要素も良いのだ。もどかしく切ない三角関係の行方が気になるところ。


隙の無い構成で描かれる、壮大な輪廻転生ファンタジー。『様々な自分の生涯を辿っていく旅』という魅力的なストーリー、巻を追うごとに世界の謎が明らかになっていくワクワク感。そしてラストは綺麗に〆られる。水上作品の短く纏まっている感じとても良い。


エロ本収集、怪死事件、セクサロイド問題とオムニバスな短編集かと思いきや、ストーリーは思わぬところで繋がってきて…?すこしSF風味なヒューマンドラマの傑作です。


こちらは正真正銘オムニバスの短編集。一癖も二癖もある少年少女の淡いやりとりが、独特のセンスで描かれる。多種多様な登場人物が魅力的で、よくこんなアイディアが出てくるなあと感心してしまう。

 

テンポ良い展開でどこか軽妙な雰囲気をもつダークファンタジー。とにかくこの作品の一番の魅力は格好いい悪役でしょう。 正義と正義がぶつかり合う展開はやはり燃えますね。中盤少しダレますが最近はかなり面白いです。


石黒短編集第2弾。売れないミュージシャンと少しぬけている大学生のお話。 ぬるま湯に頭まで浸かったような、でも当人にはそれなりに切実だったりもする「大学生」という不思議な時間。ぐるぐる廻る青春のアレやコレやを描いた大学生日常ストーリー(帯コメントから引用させていただきました)

 

彼の部屋には煩悩を刺激してくるヘンテコなお土産がたくさんある。 そんな『煩悩寺』を舞台に男女がイチャコラするだけの日常作品です。とても良いです癒されます


今なお色褪せない不朽の少女漫画。王道一直線のストーリーに様々なタイプの登場人物がいるので、誰かに感情移入してしまうのは必然といえる。誰しもが大好きなキャラクターを見つけることができるような、そんな作品です。私は麻宮さんでした。

 

スポンサーリンク

 

 


 

サックスに魅入られた男を主人公に据えた、圧倒的に重厚なヒューマンドラマ。とにかく快活で努力家な主人公が気持ち良い。そんな彼に影響されるように、周りにいる人々は自分の「弱さ」を越えていく。この作品の魅力はひとえに、努力が報われる瞬間の描写だと思うのだ。

 

アメフトというマイナージャンルを描いた王道一直線のスポ根作品。ジャンプ作品の中でも1位2位を争うほどの熱度を持った作品だと思う。 それぞれの登場人物が描く様々なドラマには胸を熱くせざるをえない。


吸血鬼、雪女、デュラハン、と様々な亜人ちゃんの生態を描く作品。日常物語かと思いきや、生物教師高橋によって亜人について学術的な考察がなされていて中々面白い。コマ割り、言葉遣いなど細かい所のセンスがとても好き。

 

囲碁を知らなくても気づけば没頭してしまう物語。とにかく登場人物は皆囲碁を愛している。ただ一つのことにひたすら向き合う姿というのは、やはり格好いいものです。 


 隣の席の高木さんと主人公である西片くんの「照れたら負けの全力青春バトル」を描く。西片くんが高木さんに様々な“からかい”でおちょくられ、掌で転がされる様を見て楽しむ作品。まあただ席が隣同士の2人がイチャこいてるだけです。最高。

 

丸くかわいらしい絵柄で描かれる不条理シュールなギャグコメディ。この独特なセンスにハマる人はとことんハマることでしょう。最近最終回を迎えましたが、新連載の『CITY』も非常に楽しみ。 


父の再婚で家に居場所がなくなった女の子が幼馴染の社会人と暮らす、いわゆる同居もの。家族に恵まれなかった少女と、家族に恵まれたけどそれを失ってしまった青年の物語。まあとにかく恋をする女の子は最高に可愛い

 

「恋愛は告白した方が負けなのである」とプライドが高く素直になれない秀才二人が織り成す、新感覚頭脳戦ラブコメ作品。話の構成が巧みで、全く進展しない二人のじれじれな関係が何故か心地良い。おすすめです。

 

漫画家を目指し切磋琢磨する人々を描く青春群像劇。こういう『職業モノ』ならではの専門知識などが詳しく知れて面白い。成功だけではなく失敗も多く描いているのも現実的で好印象です。サブキャラクターも魅力的で、平丸さんが蒼樹さんにプロポーズする一幕は本当に良かった。

 

ヤクザと超能力少女が織り成す一風変わったドタバタコメディ作品。個人的に最近のギャグ漫画の中では最高峰の作品だと思います。本当に笑える。回を増すごとに面白くなっていくので、是非是非読んでほしい作品です。

 

宇宙を目指す人々を描く物語。一年に一回必ず読み返しては感動して泣いている。老若男女すべての人にオススメできる稀有な作品だと思う。宇宙というロマン溢れる題材をわかりやすい人間ドラマで真摯に描いた傑作です。


きらら系4コマで唯一読んでるのがこの作品。「面白さ」に全振りしている作風が好き。女の子3人が駄弁るだけのゆるい作品なのですが、なんでもない掛け合いが妙に楽しい。この独特な雰囲気には中毒性がある


思春期の人間をこれでもかというほど真摯に描いた傑作です。人の醜さや欺瞞を前面に押し出した作風ではありますが、この作品に明確な悪役というのは存在しない。様々なことを考えさせられる、是非一度は読んでみてほしい一作

 

ノンジャンルな自由でゆるい日常作品。 私の一番好きな漫画作品です。もう何十回と読み返したか分からない。1話1話がオムニバス形式で綺麗に纏まっていて、細部の小ネタにクスッとさせられる。不思議な魅力がある作品です、是非。